たった3時間4月から担当する脳卒中患者さんが抱える本当の問題を把握するための7つのコツが学べるセミナー

はじめに

はじめまして!
産業作業療法研究会(INOT:INdustrial Occupational Therapy study group)代表の作業療法士、伊東です。
昨年4月に作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア“作業療法プレス”を公開し、8月には障害者雇用、就労支援を軸に「働くこと」を支援する作業療法を研究する任意団体、産業作業療法研究会を立ち上げました。

今回、研究会の事業の一つとしてセミナーを企画することになりましたのでご案内します!

講師は脳卒中FESTIVAL代表でもある小林純也先生

今回のセミナー講師は昨年10月に行われた“脳卒中FESTIVAL”実行委員会 代表で、現在理学療法士としても臨床で活躍されている“小林純也”先生をお招きしてのセミナーになります。

小林純也先生 プロフィール

旭神経内科リハビリテーション病院
NPO法人日本脳卒中者友の会/認定理学療法士(脳卒中)

1982年生まれ。
高校卒業後、プロボクサーを目指し日々練習に没頭していたが、プロテスト直前、シャドーボクシング中にジムで倒れる。
病名は脳梗塞。
運動麻痺、感覚障害、運動失調、高次脳機能障害と、多様な症状を経験する。
懸命のリハビリで社会復帰を果たし、ボクシングも再開する。
引け目を感じていた「障がい」を「強み」へ帰るため、理学療法士を志し、2013年に理学療法士免許を取得。
現在は、回復期リハビリテーション病院で臨床を行う傍らで、脳卒中の患者団体で活動している。

脳卒中フェスについて

2017年10月29日(日)に東京の上野で、脳卒中者と健常者が互いに協力し合い、引きこもりがちな当事者の方に少しでも希望を持ってもらいたい…という理念で行われたイベント。
当日のプログラムには女優で歌手の河合美智子さんを特別案内人として招くなどし、当事者としての体験を多くの人に伝えることができ話題になる。
現在、2018年10月に脳卒中FESTIVAL Vol.2を実行すべく企画中。

著書について


脳卒中患者だった理学療法士が伝えたい、本当のこと

患者の身体と心の「本当」を知るための架け橋となる

23歳で脳卒中を発症し、その後、理学療法士となった経験をもとに語る脳卒中者の主観と身体感覚。
私たちが想像する以上にもどかしくつらい運動麻痺や感覚麻痺を脳卒中経験者はどのように感じているのか?
障害を疑似体験できる方法を交えながら、経験しなくてはわからない「患者の本当」についてお伝えします。
医療職をめざす学生から経験豊富なベテランまで一度は読んでほしい、おすすめの1冊。
引用:Amazon

2017年9月30日に理学療法ジャーナル、作業療法ジャーナルなどを手掛ける出版社である“三輪書店”より出版。
初の著書であるにも関わらず、Amazon医学書ランキングで1位を取得し、増刷も決定するなどリハビリテーション業界で一躍人気の著書の1冊になる。
内容も、自身が脳卒中に倒れた体験から、闘病生活の詳細、そして理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリテーションスタッフが毎日の臨床で直面する“患者心理”や“患者が抱える悩み”を、脳卒中当事者と理学療法士という二つの立場から詳細に説明している。
脳卒中リハビリテーションの臨床で悩む新人セラピストはもちろん、ベテランセラピスト、そしてこれから臨床に出る学生にとっても非常に有益な1冊!

こんな人におすすめ!

今回のセミナーは以下のようなセラピストの人におすすめしています。

・担当の脳卒中患者さんへの介入に、いまいち自信が持てないセラピスト。
・回復期病棟で勤務しているけど、しっかりと結果を残せてないと感じるセラピスト
・患者さんからリハビリ拒否をされることが多く、悔しい想いをしているセラピスト。
・4月から新しい後輩が入職するのに、「このままでいいのか?」と焦っているセラピスト。
・若い脳卒中患者さんの就労支援や社会復帰への支援に興味があるセラピスト。
このような想いをしたことがある人には、ぴったりのセミナーです!

セミナー受講後期待できること

今回のセミナーは3時間という比較的短い時間で構成されています。
しかしこの3時間のセミナーを受講することで、、、

・脳卒中の患者さんへ自信を持って介入することができるようになります!
・患者さんの本音や悩みをしっかり理解することができ、介入に拒否されることがなくなります!
・「ぜひあなたにリハビリをお願いしたい!」と担当外の患者からも指名がくるようになります!
・自信をもって4月から入職する新人に指導することができるようになります!
・就労支援や社会復帰支援の原則を学ぶことができ、患者さんの退院後の生活をさらに良質なものにすることができます!

セミナー詳細

以下、本セミナーの詳細です。

たった3時間4月から担当する脳卒中患者さんが抱える本当の問題を把握するための7つのコツが学べるセミナー
日程:2018年3月24日(土)
時間:13:30~17:00 (13:00より受付開始になります)
場所:A・O・Z アオウゼ(アクティブシニアセンター) 大活動室(福島県福島市曽根田町1番18号 MAXふくしま4F)
受講費:3000円

小林純也先生のセミナーは東北初ですので、福島県内外はもちろん東北の近隣県の脳卒中のリハビリに関わっているセラピストに参加していただきたく思っています!

申込み

*予約フォームがうまく起動しない場合はお手数ですが、seminar@otpress.infoまでご連絡ください。